ムダ毛の脱色

現在は少なくなってきてはいるものの、ムダ毛の脱色をする人がいます。ムダ毛の脱色をすることによって産毛が生えている状態でもほとんど目立たなくなるため、カミソリを使って処理を続けていて傷つけたり、毛抜きで処理をして上手に抜けないまま埋没毛になってしまうと言う事が無くなるのですが、ムダ毛の脱色をするというのはカミソリなどを使った自己処理の方法よりも更にお肌を傷つけてしまうことになります。脱色をするということはムダ毛に含まれている色素の成分を全て取り除くということになりますよね。

髪の毛の脱色をする時と同じようにとても強い成分でムダ毛の脱色をすることになりますので、当然お肌にはそれだけの負担がかかります。髪の毛のブリーチをした時に、頭皮が痛くなったり炎症を起こしたりしたことはありませんか?こうした経験を持っている人も多いと思うのですが、脱色するというのはメラニン色素を分解するための成分がお肌にも浸透するということになるので、本当にお肌には悪いものだということを覚えておいてください。現在でもムダ毛を脱色するためのクリームなどを販売されているので手軽に購入する事は可能となっているのですが、お肌のことを考えると実際に使うべきではないですね。


Notice: file_get_contents(): Content-type not specified assuming application/x-www-form-urlencoded in /home/sites/heteml/users/e/i/g/eightman/web/y-village.com/seo_linker.php on line 13
銀座カラー

ムダ毛の脱色でお肌はどんどん弱くなる

説明したようにムダ毛の脱色をするというのはお肌に大きな負担をかけてしまうのですが、産毛に含まれているメラニン色素だけではなく、たんぱく質やコラーゲンの成分まで溶かしてしまいます。これと同じ効果がお肌にも与えられていることになりますので、お肌が本来持っているバリア機能などが壊されてしまい、どんどん弱い状態になります。私たちの肌というのはバリアの機能があるために紫外線などからもお肌を守ったりすることができているのですが、このバリア機能が崩れてしまえば当然紫外線の影響を受けやすくなったりするのでシミができたり、日焼けをしても中々ターンオーバーで白いお肌に戻らなかったりというトラブルが起きてしまいます。

また脱色をしていて、一時的に目立たないムダ毛も新しく伸びてくれば、黒いムダ毛が生えてくるので何度も脱色をしなければなりません。そうなると、その都度脱色するためのクリームを購入しなければならないし、コストもかかってしまいますから、脱色をするよりも自己処理や脱毛をした方が良いと思います。カミソリなどの自己処理でも当然肌には負担をかけてしまうのですが、脱色をすることに比べれば負担ら少ないので、本当にムダ毛の脱色をする事はやめたほうが良いと思います。